大学生で就職するのは情弱なのか起業するのが情強なのか

どうも和田直也です。

前回に続いてブログの更新です。

みなさん、私のブログを読んでくれているのでしょうか??

そろそろアナリティクスやサチコを入れて自分のブログが読まれているかしっかりチェックしないといけないですね。

ブロガーたるもの、そのような客観的なデータをみるのはとても必要なことだと思っています。

そういえば、聞きましたがブログをしっかりと書いているとけっこうな金額が儲かると聞きました。

そうなので私はブログ名を見事に変更!「大学生のビジネスとあれこれブログ」という名前にしましたよ。

今回はどうやって大学生がビジネス展開をしていくかについて考えていきたいと思います。

大学生の就職はとても不安

前のブログにも書きましたけど、私は就職して将来しっかり生きていけるかかなり不安なのです。

この写真のようにリクルートスーツを着てしっかり会社を回って就活できるのでしょうか・・・

就活セミナーなどにいったり、実際に自分で就職で面接をうけたりすると本当にサラリーマンって大変なんだと思います。

僕は一応、中央大学理工学部で体育会系のバスケ部にも入っているしたぶん就職は大丈夫なんだと思うんですが、、、とても不安です。

だから、就職はせずに自分で起業したいと思っています。

大学生が起業するにはやっぱりIT

実際に、就職したあとは自分でビジネスを展開したいと思います。

そこで色々調べた結果、やっぱりITがいいのだと思います。

やっぱりネットであれば世界中どこでもビジネス展開できますからね。

大学生がビジネスで稼ぐにはやっぱりITがチートなのか

前回のブログでも書きましたが、いまはITを使ってライブ配信たるものだけで生計を立てている人もいるとかいないとか。

最近の大学生はライブ配信とやらがはやっているらしい

↑こんな感じで前の記事に書いたのですが、このような生き方はほんとうにうらましいですよね。

大学生がITでチートになるには起業しないといけない

満員電車に揺られて、上司に叱られという生活は嫌です。

ただ、私はそのようにできる人は立派な人でもあると思います。だってそういう人が日本の社会を支えているのだと思うからです。

だから、起業する人がかっこいい!たくさん儲けている奴がすごい!という流れはかなりおかしいのだと私は思います。

これは間違っていないと思います。

大学生管理人的に憧れている起業家

ただ、やはり起業は憧れます。スティーブジョブスとか本当にかっこいいですよね。

あとgoogleを作ったラリーペイジ。彼はかなりのエリートだったそうです。

ただ、スティーブジョブスは落ちこぼれ。っていうか親がシリアとか確かアラブ系の人。そして、生まれてすぐに宗教上の理由で捨てられる。

いや、捨てられるという言い方は悪いですね。養子にだされたそうです。

そして、アメリカ人夫婦に拾われて健康にすくすく育つ。

しかし大学生になってもすぐにやめてしまう。自分の興味があるものにしか学べなくて、大学をやめたあとにも大学には残り自分の興味がある授業だけは受けていたらしい。

それが、なんと「人はなにをもって美しく見えるか」を科学する授業だったらしいですよ。

それで、あのアップルコンピュータやアイフォン、タブレットが生まれたらしいです。

あと文字のフォントっていろいろ種類があるじゃないですか。あれも全部スティーブジョブスが作ったらしいです。

本当にジョブズはすごいですよね。本当に憧れる起業家です。

私は中央大学理工学部出身。しかも体育会系のバスケ部。

逆にスティーブジョブスは大学中退。いわゆる高卒です。

それなのに私は圧倒的に負けている。

どうにかビジネスを成功させたい!

とか

スティーブジョブスに勝ちたい!とか言っているのにもかかわらず、就活すら怖い始末。

いつか私は自分へのコンプレックスを克服し、スティーブジョブスまでとは言わないけど、どうにか自分を誇れるような人間になれるかなあ・・・

今日はここまでにしておきます。

公開日2019年11月15日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です