大学生がビジネスで成功するには朝活が大事なのか

どうも四回目の更新になります。和田直也です。

僕は中央大学理工学部でバスケ部に入っています。そして、来年から大学院に行く予定です。

そのため一応、いま四年生なので社会人になるのは二年後ですね。

そして、僕は一応学歴もあるし、体育会系に入っていて就職が有利だと思うんです。

でも、不細工だしデブ。滑舌も悪いのです。そんなこんなで、とても自分に自信がないんです。

前回の投稿でも話しましたけど周りはリア充や自信がある人、また寺田みたいなコマシ野郎が多いのです。

周りにいる人は自分の写し鏡といいますけど、僕もその通りだと思うんです。

でも、僕は人一倍ビジネスで成功したいなとも思っているんです。

自信がないし結果もだしていないのに言いたいことだけはいっちょまえっていうのは一番かっこわるいですよね。

そんなことはわかっています・・・

でも今日はどうにかビジネスを成功したい自分への戒めとして、また皆さんとシェアしたいということで朝活がどれくらい大事かということを皆さんに伝えたいなと思っています。

大学生がビジネスや就職で成功するには朝活が大事

最近、もう大学四年生ですし将来のことを本当に考えています。

就職せずにライブ配信アプリをつかったライバーになることも考えました。しかし私はデブだし不細工で滑舌も悪いので厳しそうです。

だから、最近ビジネス書を読んでいたりするんです。また、ビジネスyoutubeみたいなのも見ていて朝の使い方がかなり大事なんだなって思います。

朝活はヨガが成功に導くのか

画像は朝にヨガをしているものです。実際にビジネスを成功させている人ってヨガをやっている人がたくさんいるそうです。

前のブログで話をしたスティーブジョブスやラリーペイジなどもやっているそうです。

また、日本のタレントで言えば片岡鶴太郎とかがやっていますよね。ものすごいガリガリになっていてびっくりしました。

また、いま流行りのインフルエンサーみたいな人たちも。

よく港区女子っぽい頭は悪いけど自己顕示欲だけは人よりもかなりあるみたいな女子がヨガインストラクターを名乗ってやっていますよね。

だから、身近にいる人がやっていて、うさんくさいなとも思うし、僕が憧れているすごい経営者の人たちもやっているけどどうなんでしょうかね。

僕は就職も自分の不出来のせいでできもしなさそうなので、必ず成功したいのでとりあえず実践ということで朝活でヨガをしてみようといまいろいろな書籍を読み込んでいます。

そうするとヨガって、インドの医学であるアーユルヴェーダや経絡、チャクラのような考え方らしいんです。

ちょっとスピリチュアル系で大丈夫なのかと最初は思いましたが、本を読みこんでいるとガチなようです。

よく小学生のころはストリートファイターというキャラのダルシムというヨガの技を駆使したキャラクターのモノマネが流行っていたのを思い出してしまいました。

僕もダルシムのようにヨガを極めたらスティージョブスやラリーペイジのようになれるでしょうか。

まずは実践して何か月かは続けないといけないですね!

大学生がヨガ以外のビジネスに必要な朝活はまず自分本位でいること

それは、とりあえず自分中心でいることみたいです。

メールをみたり、ラインをみたりしては絶対にダメらしいです。

私は私の足で頭で生きている。他の人のぺーズで生きていないということを頭に叩き込むことが必要みたいです。

朝一番のフレッシュな頭で他人の思考を入れることはビジネスでの成功をかなりさまたげるようです。

だから、サラリーマンは一生社畜のように言われているのでしょうか。

たしかに、僕も中央大学の理工学部、そして中央大学のバスケ部にいるので色々な連絡がたくさんきます

だから、この気持ちはわかると思います。なにか、自分が侵され自分が自分ではないような気分になる。そういう悲しい気持ちになります。

だからまず僕は朝はヨガをすること。そしてヨガをする前には絶対にメールをみたりラインを見たりすることをやめようと思います。

朝活でヨガをやり、メールやラインを見ないで大学生の頃から成功者の仲間入りをする

僕の当面の目標はとりあえずこれですね。なんのとりえもない不細工デブなので。

就職もうまくいきそうにないですし。

まずは精神から叩き直したほうが僕は良さそうです。

また、ある成功者youtuberは言っていました。朝は本当にリフレッシュされているから、むだな体力をつかうな。考えずに一番自分の成果をだしたいものにフォーカスしろ。

こういうことを言っていました。

やはり最初は誰かのアドバイスや真似をしないと僕もダメだと思いますね。

皆さんは朝活何をしているのでしょうか??

それではまた!

公開日11月11日
更新日11月17日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です