大学生がビジネスで成功するための時事ニュース⑥ホモ・サピエンス

どうもこんにちはお久しぶりです。

中央大学理工学部バスケットボール部の和田直也です。

ごぶさたしています。最近、大学院試験のための勉強で忙しくてなかなかこの大学生のビジネスとあれこれブログを更新できていませんでした。

ご了承ください。

今回も大学生が成功すための有益な情報を皆さまとシェアしていきたいと思います。

大学生が成功するためには哲学が必要

今回のテーマはとても壮大です。

私たちはいったいどこからきたのかを知ることは大学生がこのあと就活やビジネスで成功するため、出世するためにはとても必要なことだと私は感じているからです。

いまこのテーマで売られている「ホモサピエンス全史」という本があります。

全世界で1200万部のメガヒットを飛ばしている本であります。

この本は、生物学、歴史、科学を合体させて説明されており超過去、過去現在、未来に区分されていて「人類はどこからきたか」について説明されています。

本当は人類だって一巻から始まっている。でも私たちが学校で習ってきたのはいままで見てきた知ってきたものは15巻からだったのであsります。

これを知らないということは人間を知らないということ。人間とは何ぞやということを知らなくては大学生が昇進したりビジネスで成功したりするのはとても厳しいのではと私は考えています。

それを一巻からわかるのこの「ホモサピエンス全史」という本なのであります。

大学生が成功するたには人類がどこから来たのかを知る

私たちが学校の歴史の授業で習うのは一万二千年前に農業革命がはじまってから。

そう、くりかえしになりますが歴史を習ったのはそれからなのです。

それでは大学生が成功するためのコツや教養になりません。

私は大学生なりに成功するためには人を知らないといけないと考えています。

たぶんこれを言って納得できない人はいないと思います。

何事も成功するためには知識が必要ですもんね。

いまいるホモサピエンスは人類の一種類にしかすぎないってことは大学生の皆さん知っていましたか??

他をほろぼしてきていまの人間はいるということです。聞いたことありますか?ネアンデルタール人とかです。

そして我々はホモサピエンスなのです。ホモサピエンスである我々の祖先がネアンデルタールなど他の人類を滅ぼしてきたのです。

この、階段のような絵のようにではない。進化してきたというより滅ぼしてきたのです。

45億年前に地球ができ38億年前に生き物が誕生。

600万都市前に人とチンパンジーの共通祖先が生まれます。

200万年前にはホモ属がたくさんいた。種で交われる範囲内で一緒。犬はたくさんいますよね。でも交われるような状態。猫とライオンは交われない。

そのようにどんどん人類が分かれていきました。

交われるか交われないかが他の種類の人間ということ。そこで、私たちの祖先というか私たちであるホモサピエンスがネアンデルタールや大型動物を滅ぼして生き残ったのです。

宗教では神が人を作りたもうたといっていますが完全にこのように生まれてきたのです。

脳みそはネアンデルタールの方が大きかったし、二足歩行で道具をつかっていた。言語もあったという証拠もあります。

ホモサピエンスと同じ条件であったのです。他の人類もそれではなぜネアンデルタール人などにホモサピエンスは勝てたのでしょうか。

大学生が成功するためには革命が必要

なぜ勝ったのはそれがわからないのです。しかし、大学生が成功するためにはどんな謎にも飛びこみ解決しなくてはいけないと私は考えています。

それは認知革命だと考えています。

人間はこれまで認知革命、農業革命、科学革命、三回ブレイクしている

農業革命と科学革命はわかりやすいけど認知革命がわからないという人はたくさんいると思います。

認知革命が他を滅ぼした最強の武器というのごホモサピエンス全史の作者は言っておるのであります。

認知革命とはなんなのか、それはフィクションを作ることができたということなのです。見たことがないもの鬼や天狗などそういう魔物などを昔のホモサピエンスは他人類と違って作れたのが我々の祖先が勝てた理由だそうです。

フィクションを作って共有できたので我々の祖先は。

ライオンの頭で体は人。想像して人に伝えたってのがしっかり証拠として残っているのであります。

それではなぜ認知革命によって、ホモサピエンスが他の人類に勝てたのでしょうか。それは、認知革命によってフィクションによって連携できるということだったらしいのです。

確かに大学生が成功するためにはフィクションによって提携できるという考えはかなり大事な気がします。つねに会社経営もストーリーを作って突き進んでいく考えがとても大事ですものね。

実際に、いまでも人類は人見知りからだんだん仲を深めていって知り合って連携していくものですもんね。

それをフィクションによって壊したのが認知革命んあおです。

あの精霊が山の中にいる。あの精霊に守られている。精霊が言っていた教わった。このように言えば遠くの人ともすぐに連携できますもんね。

同じストーリーを共有しているとういうのはかなり結束力になりえます。

集団と作戦規模が他の人種よりすごいことになりますもんね。同じ目標を掲げる仲間はとても強いもの。これは中央大学理工学部バスケットボール部に所属している私もこれは身をもって実感しておりますよ。

みなさんも、大学生のうちから成功しておけば後々楽になりますよ。だから、このような人類史もしっかり学んで他の大学生とこれからも差をつけていきましょう。

公開日:2019年12月13日

大学生がビジネスで成功するためのコツ⑤PDCAサイクル

お久しぶりです。中央大学の和田直也です。

ご無沙汰していますがみなさんは大学生の読者さんが多いと思います。

もちろんそのなかでも意識が高い大学生ばかり。なんとかしてビジネスで成功したい人がほとんどだと思います。

そこで、私の「大学生のビジネスとあれこれブログ」に足を運んでくれているのだと思います。

そのため、今日もここで皆さんとビジネスにおいて大事なことをシェアしていきたいと思っています。

今日のテーマはPDCAサイクルです。

大学生がビジネスで成功するためのコツ PDCAサイクル

大学生が早々とビジネスで成功するためにはコツがあります。

それはこの前のブログでもみなさんとシェアしてきました。

そこで今回のブログで紹介したいのはPDCAサイクルです。PDCAサイクルは大学生で起業をめざいしていたり、良い成績をとりたかったりする人も覚えておいたほうがいいテクニックです。

PDCAサイクルは問題解決の方法のことです。

実際にビジネスをやっている人はわかると思いますが、PDCAサイクルは何の略か知っていますでしょうか??

Pは、プラン計画の略。DOは実行の略ですね。目安として実行は半年間は絶対に継続しなくてはいけないと私は大学生ながら考えています。

Cはチェックの略です。チェックは調査という意味ではなく、評価という意味がありますよ。

何ごとも評価はとても大切ですよね。それを私は言いたいのです。評価するときは時代にあっているか、稼ぎ方はあっているかなどをたくさん分析しなくてはいけません。

PDCAのAは、アクション・改善の略です。アクションは中学英語だったのですが中央大学のスーパーエリートの私でさせちょっと忘れかけていました。

これぞ河童の川流れですね。気を付けたいと思います。

大学生がビジネスで成功するためのコツ

実際にビジネスを始める人は努力してもすぐにやめてしまう人ばかりです。ある研究では筋トレなどもはじめとして何かをやると決めて1年以上続けられる人は3%もいないということがわかっています。

3%と少ない方に注目するとあれですが97%の人が1年間もビジネスを続けられないということになります。

実際に私は中央大学に入ったときにはたくさん勉強しました。だから、私はその少ない3%に入れた少数派の人なのかなと少しホコリに思ったりしちゃっていますが・・・

努力してもすぐにやめる人は怖いと思ってやめる人が多いと言えます。確かにビジネスで突き進んでいくには大きなエネルギーがいります。周りがみえないなか、長いトンネルを突き進んでいくようなイメージです。

たしかに大学生はまだまだ未熟ですよね。私もその通りなのですが・・・そんななか起業家は孤独です。

孤独の中突き進んでいくのは並大抵の努力では難しいですよね。実際に私もこれはビジネスだけでなく中央大学でバスケをやっていたり、大学の研究室にいたりするときも感じます。

そのためはさっき私が言ったPDCAサイクルのDoですね。これは計画だと私は説明しました。

でも実際に計画はいらないです。計画していると動きにくくて逆効果になりえます。

だから、動きながら考えたほうがいいですね。中国の偉人、ジャックマーも言っていましたよ。走りながら考えろってね。

実際にこれは中央大学バスケットボール部に所属する私も身体をもってして納得ですね。

みなさんもビジネスで成功したかったらPDCAサイクルは必須だと私は感じています。

ただ、ここで思うことはこれって意識しなくても誰でもやることなんじゃないかな?ってたまに思っちゃったりします笑

普通に生きていてこれって自然体でできるだろ普通?みたいな

これは私が中央大学理工学部、そして大学院まででようとしているスーパーエリートだからでしょうか。

実際に皆さんも知っていると思いますが中央大学ってけっこうレベルが高い大学なのですよ。だからこそ私はこれを自然にできるのかもしれません。

ただ、みなさんも実際に大学生のうちから成功を目指すなら私のように、PDCAサイクルをうまくつかってビジネスで成功してくださいね!

公開日2019年12月7日

更新日2019年12月13日

大学生がビジネスで成功するための時事ニュース⑤新井浩文が懲役五年求刑

どうもこんにちは、久しぶりの投稿です。

皆さんはお元気でしたか?中央大学の和田直也です。

このころバスケも忙しいし、研究室も忙しいし、卒業試験もあるしでかなり忙しい毎日を送っていました。

これが将来的に、ビジネスで成功できる要素なのかはわかりません。ただ、バカになって毎日を過ごす。目の前にあるものだけに没頭するのが成功への近道だというのも私はそう思ったりもします。

そこで、15回目の投稿は女の子に没頭しすぎて逮捕された新井浩文容疑者からどうやって大学生がビジネスで成功するかを学ぼうと思います。

大学生がビジネスで成功するためには没頭することが大事なのか

新井浩文被告が東京地方裁判所で、懲役五年になったというニュースが全国的に流れました。

新井浩文容疑者ってみなさん知っていますかね?アウトレイジとかヤクザの映画とかによくでていて悪役とかダメ男役がかなりはまる実力派の俳優さんです。

実際この人のインスタを見ましたが、ギャンブルの動画ばっかり上げててかなりワロタでしたが・・・

僕はこのニュースが流れるまでは実際に知らなかった俳優さんですね。

アウトレイジは好きな映画でしたが、でてたっけかな??といった感じです。

この人が強制性交というレイプの罪でつかまったのです。

何事も没頭することってとても大事です。成功者の人の誰もが言っています。

ただ、このように犯罪につながるようなことに没頭するのは絶対にNGですよね。

大学生がビジネスで成功するためには肝に銘じておかないとダメですよ。本当ン。

実際に、大学生であってもこのような凶悪な事件で捕まる人は一定数います。

ただ、そういう人は社会復帰って厳しいんじゃないのかなとも思います。

もしこのブログを見ている皆さんも、大学生のうちからビジネスでしっかり稼ぐことで世間をあっと言わせたかったら絶対に新井浩文の真似はしてはダメですね。

ビジネスうんぬんかんぬんよりも人生オワタになってしまいますよ。

大学生が成功するうえで逮捕などされたらどうするのか

大学生はもう立派な成人です。

そのため、新井浩文のように逮捕されたら実際にどれくらいのきかん、豚箱に入れられるかは把握しといたほうがいいですね。

実際は普通、求刑されたぶんの七割五分まで減るらしいです。

また、三年より上だと執行猶予がつかないという仕組み。一発で塀の中に行ってしまうという流れになってしまうようです。

それなのに、求刑五年でまったく7割5分にならずに五年の判決はかなり厳しいといった内容だとホリエモンは言っていました。

ホリエモンも実刑判決を受けて刑務所に行っていましたもんね。youtubeでは自分のことを刑務所ウォッチャーだと言っててマジで笑いました。

しかし、これは異例らしいですね本当に。強姦して殺すと求刑より上になるけど、求刑と同じくらいというのは強姦殺人くらい刑が重いくらいだとも言っていました。

もちろん新井浩文被告側は即日控訴。

「状況証拠がほとんどない。言った言わない部分がかなり大きい。被害者とされる側のほうが尊重される。」

このような流れだとホリエモンはyoutubeで言っていました。

しかも新井浩文被告が控訴しようが判決はくつがえらない可能性が高いそうです。

ホリエモンが言うには、東京高等裁判所は世界一保守的な裁判所。5~10%の確率しか刑期が軽くなったり、刑を免れたりする可能性がないそうです。

さすが刑務所ウォッチャーですよね。なんでこんなことを知っているんだろうと不思議に思います。

被害者の人と和解して、なるべく景気を短くしたほうがいいのではという話だそうですが、被害者の方はまったく聞く耳を持たないそうです。

ここらへんが大学生の私的にはビジネスの上で大切なのではと思ったりします。やはり、いつなにが起きてもすべてが信頼で成り立っているんだろうなあとか思ってしまいます。

さすがに強姦殺人までは言い過ぎだろとは思いましたが、大学生がビジネスで成功したい人の憧れの存在であるホリエモンが言っているんだからまずは間違いないのでしょう。

この新井浩文逮捕から学ぶのは逮捕の期間や逮捕は絶対にダメ!という基本的なところだけではないです。

ピンク系の犯罪はかなり厳しい傾向になっているということです。

性犯罪はたしかにいまでは、少しのものでもヤフーのトップニュースなどに載ったりしていますよね。

大学生でもお金をもったら、女性などと飲む機会もとても多くなります。

そのときに、新井浩文容疑者のように女の子にあまりに没頭してしまったら大学生が成功するなどどころの話ではありませんよね。

大学生がビジネスでの成功が遠ざかるなどの話ではありません。

一生、ビジネスで成功できなくなるかもしれませんもんね。

就活などをせずに、起業をしたい、ビジネスで成功したいという大学生は意識がかなり高いと言えますもんね。

そのため、このような新井浩文容疑者の事例からなるべく、みなさん没頭しすぎずに女性ばかりにならないで、ビジネスで大きな成功を収めても謙虚な気持ちを忘れずにやっていきましょうね。

公開日:2019年12月5日